MENU

野菜ジュースに対する誤解

多くの人は野菜ジュースを毎日飲んでいれば、野菜で摂らなければいけない栄養成分はしっかりとカバーできていると思っています。しかしながら、実はこれは大きな間違いなのです。

 

市販の野菜ジュースの栄養成分

 

スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで販売されている野菜ジュースは、製造過程で飲みやすい味に仕上げるために食物繊維を除去する、加熱殺菌処理などをほどこすといったことをしています。

 

食物繊維をはじめ、加熱殺菌などにより栄養成分のビタミンCなどが破壊されてしまうため、野菜をそのまま摂る場合と比較して含有している栄養成分は少なくなってしまっているのです。

 

1日分の野菜を使用と表示されている商品と栄養成分

 

1日の野菜摂取量は350gと厚生労働省はいっていますが、市販の野菜ジュースの中には1日分の野菜を使用と謳っているものがあり、それさえ飲んでおけば大丈夫と認識している人が少なくありません。

 

たしかに野菜の量でいうと1日分を材料として使用しているのですが、前述した理由によって栄養成分までは350g分の野菜に届いてはいないのです。

 

結論=市販の野菜ジュースだけに頼らない

 

市販の野菜ジュースは以上のように、誤解されている部分があるもので、飲んでいれば一切野菜を摂らなくても問題ないというわけではありませんし、そのような認識で野菜を摂取しないでいると栄養バランスが崩れたままになりかねません。

 

栄養補給の補助的な位置付けで市販の野菜ジュースを摂り、野菜をはじめ食事バランスに注意した食生活を送りましょう。