MENU

子供に野菜ジュースを飲ませる際の注意点

野菜の味が苦手で食べようとしない子供は多いのですが、好き嫌いをする子供のため、野菜ジュース与える親御さんは少なくありません。

 

しかしながら、以下のような注意点があることを知った上で、適切な与え方をしないと子供にとって悪影響になる恐れがあるのです。

 

野菜ジュースを飲む=野菜を摂るではない

 

市販の野菜ジュースは製造の過程で食物繊維やビタミンCなどの栄養成分が失われています。したがって、野菜ジュースを摂れば野菜を摂ったことになるとはいえません。

 

まったく野菜を食べない子供の栄養不足をカバーする目的が少しも果たせないというわけではありませんが、完全な野菜の代わりを果たしてくれるわけではないことを肝に銘じておきましょう。

 

飲みやすい野菜ジュースに注意

 

野菜ジュースでも野菜の味がするものではなく、美味しく飲みやすいものを野菜嫌いな子供に与えている家庭は少なくありません。

 

しかしながら、その美味しさは人工甘味料や香料によるものの場合があるのです。また、食塩を使用して味が調整されているものもあり、塩分の摂りすぎにも注意しなくてはいけないでしょう。

 

果物入りにも注意

 

フルーツが材料として使用されている野菜ジュースは添加物で味が調整されているものと比べると安全で、美味しく飲みやすく仕上がっているのが特徴です。

 

しかしながら、フルーツはカロリーや糖分が多く含まれているため、肥満体型になりやすく、血糖値の高まりにも注意しなくてはいけません。